ごーくんのぶっちゃけFX心理学。

8年間負けている男のFXの本音の話。

FXの大事なことを牛丼で例えてみた。

 

自分の得意な形に

なるまで待つ。

 

 

というのは、

 

 

そもそも、

自分の得意な形とは

なにか?

 

 

を知らないといけない。

 

f:id:gokanno:20200228212828j:image

 

と、

真面目なトーンの

話をしようと

したけれど、

 

 

8年間負け続けてる男の

テクニカル理論ほど

当てにならないものはないので

 

 

やめましょう。

 

 

いや、

やっぱり

ちょっと聞いてほしい笑

(なんやねんw)

 

 

大っ嫌い。

大好き。

 

 

みたいなね(*゚▽゚*)

 

 

例えば、

牛丼を食べたい。

 

 

と、思って

店を探す。

 

 

何も考えずに

牛丼を食べるのであれば、

 

 

吉野家

f:id:gokanno:20200228212936j:image

 

松屋

f:id:gokanno:20200228213017j:image

 

すき家

f:id:gokanno:20200228212953j:image

 

あたりが候補でしょうか。

 

 

近くにあるから

吉野家に入ろう。

 

 

今日は松屋だな。

 

 

たまには

すき家にも行ってみるか。

 

 

という

自由。

経済的自由ならぬ

牛丼的自由を謳歌。

 

 

これが普通。

誰もがやっていること。

 

 

 

でも、

トレーダーは

牛丼は吉野家以外

食べない。

と決めている。

 

 

これがきっと

ルールに当たる部分。

 

 

例え目の前に

松屋があっても、

 

 

ウーバーイーツで

すき屋がキャンペーンを

やっていても、

 

 

吉野家一択。

 

 

頑なに、吉野家。

 

 

そして、

吉野家以外は

目にも止まらない

牛丼の悟りを開いた時に

はじめて、

 

 

松屋というものを

食べてみるか。

 

 

と、別の

アプローチを試す。

 

 

牛丼の基礎が基盤が

しっかりと根を張っているから、

 

 

松屋の牛丼、

たとえ

牛焼肉定食を食しても、

 

 

影響されて、

そうか!

別に牛丼を食べなくても

定食として牛肉を

食べてもいいのか!

 

 

と、

単純に流されることではなく

 

 

牛焼肉定食を食べることで、

 

 

より

吉野家の牛丼への捉え方や

吉野家の牛丼を食べる時の

アプローチの応用。

(紅生姜とか汁だくとか。)

 

 

自分の牛丼を

ブラッシュアップするために

松屋の牛焼肉定食を

勉強する。

 

 

それが

トレーダーと

ノウハウコレクターの

違いなのだろう。

 

 

と、

 

 

バリバリの

ノウハウコレクターの

僕は思う。

 

 

言うまでもないけれど、

吉野家でも

松屋でも

すき家でも

 

どれが良いか

よりも、

どれを選択するか

なのだと思う。