ごーくんのFX心理学。

FXの話と心の話。本音の話。

怖いなぁと思ったら低いロットで入ればいい。

f:id:gokanno:20191213084721j:image

 

チャートを見ていると、
なんとなく上がりそうだなぁ。

下がりそうだなぁ。


と、

直感のようなものがはたらいて

一種の予感を感じることが

あると思います。

 


ちょっと前まで僕は、

この直感に従うことを

否定していました。

ルールを破る事はしてはいけない。

ルール以外の場所で仕掛けるなんて

もってのほかだ。

と、ルールと思い込みで

自分を縛っていたからです。

 


だからいくら自分が

なんとなく上がりそう

なんとなく下がりそうという

心の声があったとしても

それを無視して無視して

我慢して心の声に耳を塞いで

ルール通りの場所を

ひたすら待っていました。

でもやっぱり我慢を

させることで、

なんだかフラストレーションが

溜まっていって。

そのフラストレーションが心の中に

積もっていくと、、、

ある日我慢できなくなって

なんだか変なところで

ポジションを持ってみたり、

急に大きなロットで勝負してみたり。

トレードすることで

ストレスを発散するような

そんなことをしている

自分に気づきました。

 

 

どうして待てないんだ。

なんでこんな場所で入ったんだ。

ルールと違うじゃないか。

こんなことではだめだ。

と、自分を責める言葉を並べて

自分を叱る。

 

確かに正しいことを

言っているようではあるけれど

叱れば叱るほど、

責めれば責めるほど

自信がなくなっていく。

やっぱり自分はダメなんだ。

という勘違いを思い込むようになる。

 


自分はダメなんだという

思い込みをしたまま

FXで成果をあげられるでしょうか?

という根本的な

問いかけにも繋がります。

 


実はもう技術やチャートを見る力は

充分なのに、実力はプロ級なのに

自己否定や自分に厳しくしすぎて

自信がなくなってしまって

うまくいかない人が

すごく多いんじゃないかな?

なんて感じています。

 


ルールとは違う場所であっても、

なんとなくだけで

根拠がなくても、

自分が上がると思ったら

買ってみたらいいじゃないか?

下がると思ったら

売ればいいじゃないか?

 


最初は怖いかもしれない。

だから、少ないロットで入ればいい。

入っていいんです。

 


自分の直感を信じてみましょう。

そこで失敗したとしても

いいじゃないですか。

大した金額ではないし。

 


間違えてしまっても

自分を責めないこと。

 


我慢を自分に課すと

いつかは爆発してしまう。

 


ガス抜きの為にも

自分の心の声には素直に従うこと。

 


きっとスッキリするはず。

 


それと、

直感に従うと

その直感がどんどん冴えてきます。

 


自分でも驚くくらい冴えてきますから。

目の前の霧を振り払うのは

実は直感トレードだったりします。

 

自分の気持ちに素直になると

自分の機嫌が良くなります。

笑顔も増えます。

 

でも
まずは低めのロットでね(//∇//)

 

心配ない。