ごーくんのぶっちゃけFX心理学。

8年間負けている男のFXの本音の話。

余裕があるとやっぱり勝ちやすい。

f:id:gokanno:20191207092621j:image

 


ちょっと、恋愛の話で例えてみると

 


すごく自分の好みの女性を

目の前にすると、

 


彼女に気に入られたい!

 


嫌われたくない!

 


というような感情が芽生え、

必要以上に緊張することとか

あるじゃないですか。

 


でも、自分があまり異性を

意識しない相手だと

全く緊張しないから、

そのままの自分。

ありのままの自分でいられたりします。

 


気に入られたい。

気に入られたい。

と思えば思うほど、

嫌われたくない。

嫌われたくない。

と思えば思うほど、

 


その恋愛は上手くいかないことが

多い。

あくまでも、僕の体験談ですが笑

 


自然体で、飾らず

まんまの自分でいると

嫌われるどころか

逆に好かれたり。ね?

 


なかなか上手くいかないものです。

(((o(*゚▽゚*)o)))♡

 


さてさて、

こういう状況、

シチュエーションって

FXでもありません?

 


例えば、

ロットが高いと負けるけど、

ロットが低いと勝てるとか。

 


なんだか、

大きなお金を動かすと

逆行されやすい。

みたいな印象ありません?

 


でも、多分それって

勘違いなんですよね。

 


ロットが高すぎて

自分のお金キャパを超えると

値動きの一挙手一投足が

気になって気になって

仕方がないから

目が離せない。笑

 

目が離せないから、

終始緊張するから

逆行されている

気がする。


当然、逆行に神経質になる。

神経質になるから、

ドキドキして怖いから。

普段なら切らなくていいような場所で

損切りをしたり。

だから、

ロットを入れすぎると負ける。

という先入観や勘違いが生まれやすい。

 


逆にロットが低いと

めっちゃ寛大。

余裕。

圧倒的余裕。

 


多少の含み損も

ポテチを食べながら

「ま、そのうちプラスになるでしょ。」

というような楽観。

圧倒的楽観。

 


何が言いたいかというと、

恋愛もトレードも、

 


あなたらしい方が上手くいく。

ということ。

 


無理は続かないです。

その刹那、一瞬だけは

上手くいくこともあるかもだけど、

長い目でみると、

結局残念な結果に

なってしまうことが多いです。

 


だから

ずっと、ずっと低いロットで

小銭を稼げばいいんです^^

 


ということが言いたいわけではなく笑

 


その時その時の

自分の安心価格。

その時その時の

自分の居心地の良いロット数。

 


ちょっとずつその価格を

上げていけばいい。

お金の器を広くしてやればいい。

 


自分があたふたしない

損切りの金額はいくらかな?

余裕を持ってポジションを取れるのは

どれくらいかな?

と、自分で自分にたしかめながら

ゆっくり進んでいきましょう。

(●´ω`●)


低いロットって

マジで勝ちまくれるから

オススメよ笑