FXで負けたら読むブログ

7年間負け続けた私だから書ける、トレーダーの琴線に触れるお話

それが無駄かどうかは誰もわからない。

f:id:gokanno:20191129155606j:image


無駄な時間

を過ごしちゃったなぁ。


ほんとはメルカリで、

いらなくなったレコードを

出品しようと思ってたのに、


また動画見ちゃったなぁ。


ほんとはブログの下書きを

したかったのに、

スマホでゲームしちゃったなぁ。

 


これ、

昨日の僕なんですけど笑

 


こういうことってありません?

 


やろうと思ってたのに

出来なかった。

しなきゃと思ってたのに

やらなかった。

 


今までの僕だったら、

軽く自分を責めて

自己嫌悪になったと思うんですが、

最近は自分に優しくするを

テーマにしているせいか、

 


ま、いっか。

 


と、あっさり思えて

罪悪感のカケラもない状態です。

 


それはそれで

どうなの?って感じもありますが笑

 


自分に甘くなる意外にも

考え方、

思考に変化をあえてつけていく。

 


無駄な時間を過ごしちゃった。

あーあ、

なんで無駄な時間を

過ごしちゃったんだろう。

 


って、考えているのは

なんでなんだろう?

 


そこを深掘りしていくと、、、

僕は時間は少ない。

すぐに無くなってしまうものだ。

という考えや、固定観念を

持っていたことに気付きました。

 


だから、何だかわからないけど

誰かにいつも

時間を奪われる感覚があったし、

遅刻とかは絶対ダメと思っていたし、

歩くスピードも速い速い。

電車の駆け込み乗車は当たり前。

 


でも急いでも急いでも、

例えばそれで待ち合わせ時間よりも

余裕を持って到着しても、

なんだか全然安心にはならない。

 


むしろ後から遅れてきた人が

ごめーんとか言いながら

ニコニコしていたりする。

 


なんだか、損した気分。

 


こういうことありますよね?

 


これをトレードにも

置き換えて考えてみると、

 


例えば、ローソク足の確定まで

落ち着いて待って、

次の始値でゆっくりエントリーした方が

良かったとか。

焦って、今すぐ!入らないと!

損する!と焦れば焦るほど

逆に損することってあるんですよね。

 


それが無駄かどうかはわからない。

という話が今日はしたかったのに、

ちょっと横滑りしたので

戻しますと。

 


例えば、ある教材を買った。

ある書籍を買った。

買って勉強したけど、

いまいち理解できなかったとか、

作者の考え方が嫌いだったとか、

その教材のルール通りにやったのに

思うように勝てなかったとか。

 


自分が損をしたように感じる時も、

時間が経って、

FXで勝てるようになったら、

あの時に勉強したことも

もしかしたら、

自分が勝てるようになる要因の

ひとつかもしれない。

もしかしたら、

不必要だったかもしれないけれど、

なんで勝てるようになったかなんて

考えてもわからないことが多いです。

だから、

無駄な時間とか、

損したとか。

直近だけで見ると

たしかに無駄に見えることも

俯瞰して見てみると、

案外、有益な時間なのかもしれない。

 


時間が無いという思考を

ひっくり返して、

時間はある。

いくらでもある。

に転換すると、

また違う景色も見えるし、

心にも余裕が出る。

余裕が出ると、

トレードは、非常に勝ちやすい。

これは間違いないです(●´ω`●)

 


無駄に思えるような時間を

過ごすことができる自分って

いいなぁ。

と自分に優しくしちゃいましょう。

自分を責めなくて大丈夫ですから。