FXで負けたら読むブログ

7年間負け続けた私だから書ける、トレーダーの琴線に触れるお話

チャートを上から目線で見てみよう。

f:id:gokanno:20191127082410j:image


相場は常に正しい。

という相場格言があるくらい、

僕らはチャートに頭が上がらない。


厳密には頭が上がらないと思っている。

ちなみに僕は奥さんに頭が上がらない。


確かに

チャートに対して敬意を持ったり

尊重する気持ちは

あってもいいけれど、

気を使いすぎていたり

ご機嫌を取りすぎてないかい?

という気がする。

猫と一緒で、気まぐれでわがままな

チャートだからこそ

僕らはビシッと毅然とした態度で

臨みたい。

急にはメンタルがついていかない?

なら、

ある程度毅然とした態度でも大丈夫。

(´∀`)

とにかく、

低姿勢で相手のご機嫌ばかり取って

自己主張はせずに嫌われないよう

嫌われないように気を使えば使うほど

返って嫌われてしまうという

謎の法則が日常にもあるのと同様、

トレードも、

やらせてもらう感じではなく

やってあげようか?

くらいの気持ちが

ちょうど良いと最近特に思う。

それくらいの上から目線でチャートを

見ると、今まではチャンスかな?

と思っていたポイントが全くチャンスに

見えなくなったり、

スルーしていたポイントが

実は高勝率ポイントじゃん。

と改めて気づくことがあったり。

やはり、人間は不思議な生き物で、

自分が信じたものしか

現実に現れないのだなと実感する。

今まではFXは、トレードは

自分の直感は信じてはダメだと

教えられてきたことを鵜呑みにして、

自分の気持ちに蓋をしてきたものの、

蓋を開けて、

素直に自分の気持ちと向き合えたら、

自分の中の自分が勝てるポイントを

教えてくれるようになった。

知ってしまえばなーんだ。

なんでこんなこと

気づかなかったんだろう?

なんて思ってしまうが、

他人の意見や常識に縛られている時には

全く見えないものだ。

だから、その鎖を外すための

きっかけとして、

チャートを上から目線で見てみる。

ということをオススメしたい

(●´ω`●)

奥さんには間違えても

上からはいけない僕だが笑