FXで負けたら読むブログ

7年間負け続けた私だから書ける、トレーダーの琴線に触れるお話

完璧主義は捨てちゃおう。

f:id:gokanno:20191126071526j:image


ちょっと前まで僕は、

エントリーポイントは

ピンポイントで当てることが

素晴らしいことと思っていた。

いかに逆行されないか、

大袈裟に言うとエントリーして、

入った瞬間から含み益にならないと

もうおもしろくない( *`ω´)

ような気持ち笑

気分は天才トレーダー。

だから、

自分が完璧と思えるような場面や、

完璧なローソク足の形状以外は

全てスルー。

だから、

ブログでもそんな自分の気持ちが

反映されて、待つことの大切さや、

待つことは美徳である。

という、待つことに対する

過度な期待

コンコンと書いてきた。

でも、待つことは確かに

大切とは思うのだけど

完璧なエントリーポイントを

探すために待つというのは、

どうやら楽しくない。

そして苦しい。

確かに勝率はめちゃくちゃ高いし、

待って待って、石橋を散々叩いて

中々渡らないわけだから

入る時にはきっちり勝負をするわけ。

きっちり勝負するっていうのは

高いロットでエントリーするってこと。

だけど、散々待ってる経緯があるし、

高額な取り引きなもんだから、

エントリーした後も、

もしこれで負けたらどうしよう?とか、

あんなに待ったんだから

負けたくない!

みたいな感じで、気持ちが

ギューーっと>_<

緊張してくるわけよ。

だから、余計に疲れちゃう笑

自分で勝手にルールにがんじがらめに

なってるだけなんだけど、

それが正しいことなんだからと

信じて疑わないもんだから、

やめられないし、

日に日にFXがつらくなる。

楽しくなくなる。

勝っても不安が残る。

負けた時のなんとも言えない

喪失感はハンパない。

っていう感じに僕はなりました。

僕の気持ちの話だから、

完璧エントリーを目指して

日々やってる人で

悶々としない人は全然問題ないから、

あなたは大丈夫だから気にしないで。

でも、

もしいつのまにか自分も完璧主義に

なってて、なんだか窮屈だなぁ。

なんだか苦しいなぁ、

とか感じてるなら、

もう少し自分を

ゆるめてもいいんじゃないの?と思う。

やっぱり苦しいことって続かないから、

いつか爆発しちゃうと思うから。

ゆるめることを許す。

タイトなピチピチパンツじゃなくて、

ゴムでゆるゆるなズボンに

履き替えてみよう。

というお話でした(´∀`)