FXで負けたら読むブログ

7年間負け続けた私だから書ける、トレーダーの琴線に触れるお話

そんなに頑張るのは楽してお金を稼いではいけないと思い込んでいるからだ。

f:id:gokanno:20191105091921j:image


9割以上が負けていると

言われるFXだが、

その9割の人は負けている原因を

おそらく勘違いしている。

私も勝てない頃は

大いに勘違いをしていた。

その勘違いの中でも代表的なのが、

努力不足である。

努力が足りないと思い込んでいる。

勝っている人は、負けてる人より

努力しているはずだ。と

思い込んでいる。

私が負けてしまうのは

努力が足りないからだ!

読書が足りないからだ!

私が寝ている間もあの人はきっと

チャートを見て深夜も過去検証を

しているはずだ!

あー私はもっと

頑張らないとダメだ。

(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)

もっともっと頑張らないと

勝てないはずだ。

だって、

私はラクしてお金を稼いではダメな

人間なのだから。

と、

自分に鞭を打ち、

努力と根性と、費やす時間で

FXを攻略してやろうとする。

これぞまさに勘違いなのだ。

努力がダメとか、

頑張りがムダという話ではない。

その努力っぽいことをする動機は、

セルフイメージの低さからくる

漠然とした不安や

苦労をしないでお金を稼いではいけない

という潜在意識が原因になることが多い。

9割の人が負けているのが

努力不足というのは

可能性としてかなり低い。

日本人の勤勉さを思い出してほしい。

勉強なんてしなくてもいい年齢になっても

積極的に資格を取るために

勉強するような人種なのだ。

我々日本人は。笑

特にFXで人生を

変えてやる!と

本気の人が

努力を惜しむだろうか?

惜しむはずがない。

そんな頑張りまくっているほとんどの

人が負けてしまうのはなぜなのか。

頑張る方向を

間違えているのだ。

私も例に漏れず、

それこそ血の滲むような努力を

何年もしてきた。

でも勝てなかった。

それはそうだ。

頑張ってる人がほとんどで、

ほとんどが負けるのだ。

だから、発想を逆にした。

FXは少数派が勝つ世界なのだから、

発想も少数派になろうと思ったからだ。

情報や手法。

たくさんたくさん武装して、

鎧の上からダウンジャケット着て

兜をかぶって帽子かぶって

サングラスしながらチャート見て、

やっぱり、剣じゃなくて

マシンガンも持った方がいいかな?


持たなくて

大丈夫だ。

 

むしろ、一回全部脱いだら?

ということだ。

そして、自分自身に

問いかけてみてほしい。

なんで、

なんでこんなに不安なのか。

なんで

こんなに頑張らないといけないのか?

ほんとに努力不足なのか?

と。

もし何か個人的な悩みなどあれば

コメントや

お問い合わせフォームから

いつでも連絡してもらって大丈夫だ。

一人で悩んでも出口が見えない時も

ある。