FXで負けたら読むブログ

7年間負け続けた私だから書ける、トレーダーの琴線に触れるお話

FX。こんな時はトレードしてはダメだ。

 

f:id:gokanno:20191031082645j:image


ルールを守るとか

守らない以前の問題

トレードをしてはダメな時がある。

まずは、

イライラしている時だ。

彼女と揉めた。

友人に嫌なことを言われた。

上司に仕事を押し付けられた。

後輩が全然言うこと聞かない。

日常生活では油断すると

イライラすることがたくさんある。

日々幸せを感じながら

感謝をしながら毎日過ごせれば

それにこしたことはないが

やっぱりいくら気をつけていても

イライラしてしまうことがあると思う。

そんな時にチャートでも

見ようものなら、

普段絶対しないような

高いロットでのトレードや、

まぁいっかと言わんばかりの

締まりのないトレードなどを

しがちである。

今イライラしているか?

自分に問いかけたらすぐにわかるはずだ。

2つ目は疲れている時だ。

シンプルに眠い。

体がだるい。

こういう時はまず集中できない。

ストップを入れ忘れたりするのも

疲れている時が多い。

意識朦朧でチャートを見てはいけない。

さっさと横になることだ。

そして最後3つ目は、

酔っ払って

しまっている時だ。

これに関しては私はお酒を一滴も

飲めないのであまり強くは言えないが、

私の知り合いで

酔っ払ってる時にトレードして

朝起きたらとんでもない含み損を

抱えてたという話を聞いたことがある。

彼はその日以来、酒を呑んだ日は

絶対にトレードをしないと心に誓ったと

言っていた。

 

f:id:gokanno:20191031082711j:image

 

私の場合もそうだが、

失敗して心からの後悔や反省を経て、

はじめて改めることができる事例が

圧倒的に多い。

今日はこんな時はトレードしてはダメ

という話をしたかったのだが、

失敗からしか学べないこともあるから

結局、失敗を恐れるな。

という話になってしまいそうだ。

失敗を繰り返すことで、

一つ一つ上手くいかない方法を

消すこともできる。

最悪な状況ですら

メリット、デメリット。

リスクに対するリターンは

必ず用意してもらえる。

失敗から学ぶというリターンは

痛ければ痛いほど

かけがえのない気づき

もらえたりするから、

そんなに落ち込まないことだ。

今はツラくても、

また立ち上がればいい。

今日の負けがあなたの糧になる。