FXで負けたら読むブログ

7年間負け続けた私だから書ける、トレーダーの琴線に触れるお話

奥さんに言われてやっと気づく自分の弱点。

f:id:gokanno:20191024073411j:image

 

正当化は

無意識に忍び寄る。

 

正当化。

 

〘名〙

ある物事や自分の言動などを、

正しく道理にかなっているように

みせたり、理論づけたりすること。

 

私は以前、FXのルールを
コロコロと変えていた。
まぁ、

コロコロと変えてしまうような

トレーダーだったから
ずっと勝てなかったわけだが。

それでも
ルールを変える瞬間というのは、

自分自身では変えている感覚

というのが無かったり、

無意識だったり。
意識的に変える時ですら、
もっともげな

理由をこじつけたり
自分は進化している。
というような勘違い。
気付き。

というような勘違い。
間違えているのに、
正道と心から信じる。
というか、

自分につく嘘の精度が

高いとでも言うか。
とにかくその時その時の

正当性は用意されていて、

いつの間にか元々あったルールは

原型を留めてない

ような状態になっていた。

それに気づかせてくれたのが、

私の奥さんの一言だった。
あまりFXのことが詳しくない

奥さんにも自分のトレードや、

トレーダーに関する自分の考えを

私は話すようにしていた。
ある日、
奥さんが私にこう言った。


"またルール

変わったの?"


私は咄嗟に否定した。

Σ(゚д゚lll)
いやいや、これは
こうこう、こういう理由があるし

ブラッシュアップというか
前より良くなるし。
っていうか進化だし。
と、必死に弁明していた。
でも、心の中ではわかっていたのだ。
私はまた簡単にルールを破って、

それを正当化していたことを。

嫌なことから逃げたことを。

奥さんはFXは知らないが、
私が逃げたことは知っていた。
奥さんに言われて、反省して
すぐにルールを守れるように

なったなら良かったのだが、
私はこの後何度も何度も
奥さんに言われ続けた。


またルールを

変えたの?

と。


自分自身を正当化する。
これは無意識に忍び寄る。
昨日まで、
もう5分足しか見ない。
と言っていたのに、
今日は日足からチェックしていたり。
移動平均線の

パーフェクトオーダーまで待つと

決めていたのに
それではチャンスが少なすぎる。

移動平均線の本数を減らす。とか。
なんだか真っ当な理由、

取って付けたような言い訳を

持ってきては自分は間違えていない。
と思いたがる。
これを改善するには、
やはり、

人に言い続ける

ことが効果的だ。

私は奥さんに何度も

指摘してもらうことで
今はルールを変えたり、
謎の改善策を講じたりを

やめることができた。
もし、あなたもルールを

頻繁に変えてしまっているなら、
一度試してみてほしい。
友人かパートナーに、
自分のルールや考えを伝えることを。

自分の思考を

アウトプットすることで

はじめて矛盾や正当化に

気づくこともあるのだ。

自分の思考を信じすぎないこと。

何回も何回も

指摘されることで、

やっと修正できることもある。