FXで負けたら読むブログ

7年間負け続けた私だから書ける、トレーダーの琴線に触れるお話

FX勝てる人と負ける人の差は何か?

f:id:gokanno:20191015074248j:image

FXが上手くて

勝ててる人と、

努力はしてるけど、

なんだか上手くいかない人の差は

なんだろうか?

私は最初、

センスや才能の差と思っていたが、

それは違っていた。

なぜハッキリ違うと

言い切れるかというと、

以前FXの高額塾にいた時に

一緒に学び、練習した仲間たちを

見てきたからだ。

その塾の同期の仲間に、

Nさんという女性がいた。

Nさんは塾での練習がスタートした時は

どちらかというと

不器用で下手なトレーダーだった。

逆に私なんかは器用にこなすというか、

同期のメンバーのなかでも

優秀な部類だったと思う。

それが、3ヵ月が経ち、半年が経ち

となっていったらどうなったか。

Nさんはダントツで塾生の中の

エース的な存在になっていた。

私は逆に落ちこぼれになっていた。

なぜ、こんなことになったのか。

今にして思うと当然の結果だとわかる。

Nさんは、その時その時の自分の

課題や上手くいかない部分から

逃げずに真摯に

向き合っていたのだと思う。

私は、上手くいかなかったり

損切りが続くと、

本当にこのルールで

勝てるのかな?

とか、

他のメンバーより

上手く立ち振る舞いたいとか。

いいとこ見せたいとか。

自分の課題と向き合うことや

成長のために

コツコツ努力することから

逃げていたのだった。

Nさんはどんな時もトレード日記は

欠かさず毎日書いていた。

しかも自分の一個一個のトレードに

対して詳細に記載していた。

それに比べて、

私は勝った時だけちゃんと日記を

書いて、なんだかカッコ悪いから

負けた時には

日記を書かなかった。

(それが1番カッコ悪いのだが。)

 

日々の取り組み。

 

その日々の小さな積み重ねの差が

時間と共に大きな差となり

上手く行く人と上手くいかない人を

形成するのだ。

コツを掴むのではない。

もっと違うアプローチを

探すのではない。

日々同じことをコツコツ積み重ねて、

一段一段階段を登っていく。

あなたも今採用しているルールが

あると思う。

本当にそのルールが勝てるか否かを

考える前にやるべきことがあることを

忘れないようにして欲しい。

勝てる人と

負ける人の差は、

実は紙一重だったり

するのだから。