FXで負けたら読むブログ

7年間負け続けた私だから書ける、トレーダーの琴線に触れるお話

損切りした後大事なことは、気持ちの切り替え

f:id:gokanno:20191012075254j:image


なんだかんだ言っても、

損切りは

気持ちがいいもの

ではない。

それでもFXでは、

損切りも利益確定も、

出来るだけ同じ気持ちで

受け入れる必要があると、私は思う。

なぜなら、FXで勝ち続けるためには

平常心でいることが

何より大切だからだ。

特に損切りの直後というのは

動揺しやすい

自分では平静を装ってみても

本当はかなり気にしていたりする。

損切り直後にエントリーしたくなったり

エントリーできそうな形を探しているなら

かなり危険な状態

と言える。

ルール通りの損切りですら

冷静さを保つのが大変なのに、

ルール違反したトレードの損切りが

自分のメンタルに与える影響、

ダメージは計り知れない。

FXで退場するまで

追い込まれてしまうのは、

ほとんどの場合

気持ちが折れてしまうからだ。

気持ち折れるというのは、

お金を失ったショックというより、

ルールを守れない自分に絶望して

もうFXでは負けた金額を

取り戻すことができないと、

思い込んでしまうからだ。

文字通り、自信喪失ということだ。

ルールを破ってしまったり

感情に振り回されてしまったりを

繰り返すと失うものは

お金だけでは済まない。

FXで冷静さやクリアな思考を失っては

ほとんど勝ち目がない。

損切りはどんなに勝率が高いルールを

採用しても必ず発生する。

必ず必要なことだから、

気持ちの切り替えがスムーズに

できるように必ずルールに忠実に

トレードをする必要がある。

そう。

ルールさえ守れば

自信まで失うことはない。

それから、

勝った時も浮かれたり、

喜んだりしては

次のトレードに悪影響がある。

勝って得る自信は怪しいものだ。

いつもどんな時も

できるだけ、

平常心でいることを

心がけよう。

それが本当の自信へと繋がる。