FXで負けたら読むブログ

7年間負け続けた私だから書ける、トレーダーの琴線に触れるお話

FXはエントリーした後は、もう見るな。むしろ見るな。

f:id:gokanno:20191011071558j:plain

エントリーした後、

値動きが気になって、

ずっとチャートを追う。

FXで短期のトレードをしている人の

ほとんどがエントリー後、

決済するまでチャートを見ていると思う。

私も、前は決済するまでずっと見ていた。

しかし、最近はエントリーするまでは

集中するが、エントリーしたら

リミットとストップを

置いてチャートを見ない。

なぜそんなことをするかというと、

エントリー後に

チャートを見続けても

自分にとって

プラスになることが

ほとんどないから、

と気づいたからだ。

まずは思惑通りに動いた時、

リミットまであと少し!

という場面で我慢出来ずに利益確定

したりしないだろうか?

逆にもうすぐ損切りラインにかかる!

そんな時にストップラインを

ズラしてしまったり、

または怖くなって

早めに切ってしまったり。

要は、エントリー後にチャートを

見てもエントリー前の自分よりも

冷静でいることは難しいのだ。

エントリーのパターンというのは

こちらで決めることができる。

だからエントリー前は

必ず集中しなければならない。

しかし、決済パターンというのは、

こちらがコントロールするのは難しい。

エントリー後にどう動くかは

相場次第。その時次第だったりする。

エントリー後に一喜一憂して、

あたふたして、

チャートを凝視しても、

ほとんどの場合

疲れるだけである。

であれば、エントリーに集中して

決済はリミットとストップを置いて

放っておく方が良い。

それと補足だが、

短期売買なら長くても60分以内には

決済したい。プラスでもマイナスでも

引き分けでも、とにかく

デイトレがスイングになることだけは

避けた方がいい。

短期で入っているのだから、

短期で決済することが定石だ。

なので、30分タイマーなどを

使って、時間が来たら

チャートをチェックする。

そんな工夫はしたい。

エントリーの後の収支や勝ち負けが

気になり、チャートを見たくなる気持ちは

わかるが、見ても見なくても、

長い目で見ると結果は大して変わらない。

決済までチャートを見続ければ、

時には早めに逃げれたことが

幸いすることあるだろう。

時には損切りのリカバリーを

できることもあるかもしれない。

しかし、

見続けたせいで

リミットまで我慢できなかったり、

見てなければリミットに刺さっていたり、

見ている油断からストップが遅れたり、

リカバリーしようとしたら

連敗や往復ビンタを喰らったり。

などなど。

メリットもあれば、

デメリットもある。

上手くいく時もあれば、

ダメな時もある。

だから、エントリー後見ても見なくても

結果は大して変わらないのだ。

最後に念を押しておくが、

エントリー後は

必ずリミットと

ストップを置くこと。

エントリー後は何もせずに放置しなさい。

ではなく、決済もルール化せよ。

という話だ。