FXで負けたら読むブログ

7年間負け続けた私だから書ける、トレーダーの琴線に触れるお話

ルールが曖昧だと、過去検証すらできない。

過去チャートを

振り返った時

自分のエントリーポイントや、

自分ならここで入ったな。

という箇所がわからない場合、

それは、

ルールが確立していない

証拠となる。

または、エントリーはするものの

エントリー箇所がバラバラというのも

同様にルールが曖昧ということを

意味する。

もしくは、エントリーのポイントも

タイミングもわかっているのに、

なんとなくの直感トレードも

混ざってしまっていることも

あるかもしれない。

いずれにしても、

これではFXで勝ち続けることはできない。

しかし、落ち込むことはない。

ルールを守れる自分を作ればよいのだ。

とにかく簡単なルールを

自分に課して、

まずはそれだけを

守る練習をする。

例えば1年分の過去検証は、

買いしかやらない。

または売りしかやらない。

または、

移動平均線のパーフェクトオーダー

だけやる。

という具合に、シンプルで

絶対に自分が混乱しない簡単なルールで

縛る。

なんだそんなこと誰でもできるよ。

みたいなことで良いのだ。

過去検証をやる人ならわかると思うが、

こんな簡単な事でも最初は意外と難しい。

買いしかやらない!と決めて

検証をしていると、

そのうち必ず絶好の売りのチャンスが

訪れたりする。

そういうチャンスを見送りながら

買いだけを狙う。

慣れてくると売りは完全に

スルーできるようになるが

繰り返し練習しないと修得できない。

もちろんこれは、

買いの練習をすることが目的ではない。

ルール、規律を

守ることの練習だ。

過去検証での簡単な規律すら守れない、

守らないのに、リアルタイムで動く

リアルトレードで

ルールが守れるはずが

ない。

まずは規律を守ることを

当たり前になる自分を

作ることを優先することだ。

1に規律、2に規律だ。