FXで負けたら読むブログ

7年間負け続けた私だから書ける、トレーダーの琴線に触れるお話

焦ってエントリーする時は完全に間違えている。

これを逃したらまずい!

と焦り、エントリー。

FXをやっている人なら、

誰でも一度は経験しているはずだ。

チャートをじっくり見ている時より、

チャートを開いたばかりの時や

なんとなくチャートを眺めていた時ほど

焦りの衝動は大きい。

しっかりとタイミングを計って

エントリーする時は、

集中している時だ。

衝動的な時というのは、

どこか直感だけだったり、

チャートの形だけで

判断している場合が多い。

例えば、

大陽線で大きくブレイクした時など

それまでは買い目線では

見ていなかったのに、

急に買いたい衝動に駆られるなどだ。

ルールを破り、

衝動に駆られたトレードをしてしまうと、

それまでの努力や辛抱、

待っていた時間は全て無駄に終わる。

まさに

水の泡になる。

一度でも衝動に身を任せた

トレードをやると、

必ず次もやる。

これで最後だからと

自分に嘘を言い聞かせても無駄だ。

感情に負けたトレーダーは

また感情トレードを繰り返してしまう。

だから、

衝動に駆られた時というのは

必ず間違えていることを

思い出してほしい。

思わずやってしまったと後悔しても

後の祭りなのだから。