FXで負けたら読むブログ

7年間負け続けた私だから書ける、トレーダーの琴線に触れるお話

FXはとにかくバカのひとつ覚えを極めよう。

f:id:gokanno:20191011072821j:image

FXを長く続けていると、

色々な場面でのエントリーを

思いついたり(OvO)

誰かに教えてもらったロジックが

頭をよぎったり。

あれ?この形は三角保ち合いだから、

ブレイクした方に

エントリーするんだっけ?

これは、

ジグザグフォーメーションか?

リトレイスメントの

61.8で反発するかもしれない。

そろそろゼロナンバーのポイントだから

買われるかもしれない。

言い出したら

キリがないほどの情報量。

意識して気をつけないと、

チャートを見ている時は

ノイズが邪魔をする。

(ルールが確立して、

規律を守れるようになると、

ノイズはほとんど無くなる)

 

きっと、勉強熱心な人ほど

様々な情報や知識、記憶によって

混乱してしまうことが多いかもしれない。

バカのひとつ覚え。

という言葉は、一般的には

相手を蔑む時に用いるような

ネガティブな印象の言葉だ。

しかし、FXにおいては全くの逆

とても頼り甲斐があり、

励まされる言葉になる。

まずはひとつだけでいい。

このポイントだったら、

自分はエントリーに躊躇しない。

得意な形だ。

というような場面。

その場面だけを繰り返し

エントリーすることだ。

色々な場面で

トレードした方が

儲かるのでは?

と考えるのは

まさに素人で、

プロは自分が

勝てる場所でしか

トレードしない。

余計な場面でのトレードを無くすことで

あなたのトレードのパフォーマンスは

劇的に向上することだろう。

トレードは回数ではなく、

質が大切だということを

改めて自分に言い聞かせてほしい。