FXで負けたら読むブログ

7年間負け続けた私だから書ける、トレーダーの琴線に触れるお話

FX初心者は長期足からやりなさいは、嘘。


短期足のトレードは

難しいから、

初心者なら4時間足や

日足からやりましょう。

と、言われたことはないだろうか?

私はその言葉を受けて

4時間足や日足の

いわゆる

スイングトレード

しばらくやっていた時期がある。

たしかに、短期足に比べると

動きはゆっくりだし、

考える時間も長い。

私が初めて月トータルで

プラスになったのも

スイングトレードだった。

スイングトレードを

否定するつもりは全くない。

FXで勝てるようになり、

資金量が潤沢になったならば、

おそらくスイングをオススメする。

逆に資金量が少ないなら、

やはり短期足をやることが

現実的と考える。

しかし、今日お話ししたいことは

もっと違う観点から、

初心者は長期足よりも

短期足をやる方が良い理由について話す。

先ほども書いたが、

長期足はゆっくり動く。

4時間足なら、4時間に1本。

日足なら、1日1本しかローソク足を

形成しない。

それに比べて、

短期足はものすごいスピードで

チャートを形作る。

相場とはフラクタルだ。

5分も週足もチャートという生き物は

大きさを変えただけで、

同じような形になりやすい。

多少、時間足によって

癖みたいなものがあるにはあるが、

練習の障害になるようなレベルではない。

初心者にとって、

一番大切なのは

チャートを見続けることだ。

賛否両論あるとは思うが、

ここはキッパリ言わせてもらう。

初心者ほど、チャートを見る時間を

何よりも優先するべきだ。

ローソク足がどのように形を作り、

どのように変化し、

どのようにしてトレンドが発生するのか、

そしてトレンドはどのように終焉し

レンジ相場へと移行するのか、

書籍や教材などでも

教えてはくれるかもしれない。

しかし、なによりも大事な事は

体感、そして実感だ。

実際に自分が目で追った

チャートからの情報に

勝るものはない。

そこから得られるものが

"気づき"

というものだ。

百聞は一見にしかずなのだ。

長期足ばかり見ていては、

ローソク足の形成が圧倒的に遅く、

得られる情報量が少ない。

私がよくブログ内で言う、

チャートを見ろ。と言うのは

1分足もしくは5分足の

チャートを見なさい。

ということだ。

博打のようなトレードを

繰り返していても、

どうせお金を失うだけなのだから、

まずは、

ひたすらにチャートを見続けること。

仕事の都合などで、

どうしてもチャートを見る時間を

確保できない場合は、

過去のチャートを画像保存して

プリントアウトして

持ち歩くことをオススメする。

常にチャートを見る習慣をつける。

そこまでしないとダメですか?

という意見もあるだろうが、

勝ちたいなら、

やれることは全部やる。

という気持ちが大切なのだ。