FXで負けたら読むブログ

7年間負け続けた私だから書ける、トレーダーの琴線に触れるお話

FXでの破産を必要以上に怖がらなくていい。

負けることや、

証拠金を無くしてしまう

ことを必要以上に

怖がらなくていい。

私は口座資金を過去、

4回ほど飛ばした経験がある。

飛ばした以外にも、

大きく証拠金を減らしてしまうな、

1発の損切りが大きすぎる経験が

何度もある。

だから、あなたも大丈夫。

とはさすがに言わない。

飛ばさないことに越したことないし、

大負けなんてしないほうが良い。

しかし、

人は負けから

たくさんの事を

学べることも事実だ。

心からの後悔や反省を経ることでしか

改善されないことがある。

それが、私の場合はナンピン癖だった。

ナンピンは麻薬みたいなもので、

一度覚えてしまうと、

繰り返し常用してしまう中毒性がある。

勝率100%に近い状態を目指せるし、

損切りをしないことで、

損をしないという

勘違いをする。

ナンピンは、

勝ちか破産かの2択だ。

続けていると必ず破産するように

できている。

慎重にやるから私は大丈夫。

と思っている人もいるかもしれない。

私もあなたと同じ事を思って、

繰り返していた。

ナンピンはやめた方が良いと、

私から言われても、

ダメだと頭ではわかっていても、

やめれないと思う。

人は経験や体験の中からでしか

実感を伴うことはできない。

だから、ナンピンを

繰り返してしまう人は、

ナンピンをして

全て無くしてしまっても、

落ち込まずに前を向いてほしい。

すぐには立ち直れないかもしれない。

もうFXなんてやめようか?と

思うかもしれない。

でも、これだけは

覚えておいてほしい。

無くすこと、

負けることで

必ずトレーダーとして

一皮剥ける。

トレーダーとして、

大人になる。

無くすことで、本当の意味で

同じ過ちを避けるようになる。

だから、負ける事を必要以上に

怖がらなくて良い。

その瞬間はマイナスの面ばかりが

強調されることもあるが、

プラスの面も必ず存在する。

破産した直後は、チャートを

見たくないかもしれないが、

ただ眺めるだけでもいいから、

チャートだけは

毎日見るように

してほしい。

どんな時も。