FXで負けたら読むブログ

7年間負け続けた私だから書ける、トレーダーの琴線に触れるお話

ルール違反に繋がるトレードを撲滅せよ。


昔、ある教材の講師の人が

こう言っていた。

 

"自信がある時は

ロットを増やす。

自信がない時は

ロットを減らして

トレードする"

 

当時の私は、なるほど。

と思った。

バッチリなポイントで

トレードするだけだと、

トレードの機会が少ない。

多少怪しい場所なら、

ロットを減らしてトレードすれば

負けても

大した損失に

ならないんだから、

機会損失を防ぐ意味でも、

ロットのコントロールさえすれば

いいんだな!と。

さて、

ここではっきりと言っておく。

FXで勝ててないなら、

怪しい場面での

低ロットの

トレードなど、

絶対にしてはならない。

相場用語で試し買い、試し売り

という言葉がある。

まだ早いけど、

ここから自分の思惑通りの動きに

なったらもったいないから

とりあえず買う、売る。

というのが試し買い、試し売りだ。

勝てているトレーダーにとっては

有効な手段でも、

負けてるトレーダーには

百害あって一利なしだ。

逆に行かれてすぐに損切りできれば

まだマシだが、

ほとんどの場合は

ロットが低い事への慢心と、

損切りしたくない弱い気持ちに

負けてナンピンするのが関の山だ。

勝てるようになれば、

試し売りだろうが、

ロットを低くしたトレードも

すればいい。

しかし、勝ててないなら

バッチリのルール通りの場所まで

絶対に待つことだ。

待ち続けることができて

初めてトレーダー

としての自信が持てる。

目先の勝ちに目を奪われないで、

今、自分の中にある課題に取り組むこと。

チャンスはいくらでも来るのだから、

焦ってはダメだ。