FXで負けたら読むブログ

7年間負け続けた私だから書ける、トレーダーの琴線に触れるお話

FXでの先入観は破滅の原因になる。

長年FXをやっていると、

チャートの動きを

予測してしまう

時がある。

似たような動き、

同じようなパターン。

経験からくる直感。

おそらくこの形は

下落するだろう。

これなら、上がるだろう。

ほとんど無意識のうちに

チャートの動きを先読みして

一人でブツブツ呟いている時がある。

これを読んでくれている

あなたも、チャートに向かって

独り言を、

漏らしたこともあるだろう。

今日、話したいのは、

いくらトレードに慣れようと

勝ち続けようと、

すごく上手くなったとしても

先入観から来るような

チャート予測をすることは

やめよう。ということだ。

厳密には、予測はしてもいいが、

予測を基にした売買は

やめるべきだ。

確かに、直感に従って勝てる時も

あるだろう。

しかし、その勝ちに再現性は

あるだろうか?

根拠を説明できるだろうか?

残念ながら、ほとんどの場合には、

なんとなく

そう思った。という

結論に行き着くことになる。

これではトレードではなく、

単なる博打だ。

せっかくルール通りにコツコツと

やってきたことが

全て無駄になる。

先入観とは、勘違いだ。

私の経験上、予測からくる

直感トレードをしたことがきっかけで

その後の破滅的トレードに

繋がってしまったことが非常に多い。

直感トレード=自信がある。

ではなく、

直感トレード=油断である。

油断大敵。

敵は常に自分自身の中にいる。