FXで負けたら読むブログ

7年間負け続けた私だから書ける、トレーダーの琴線に触れるお話

FXトレーダーにとって、1番いらないもの。

ワクワク

ドキドキ。

FXでトレードするとき、

あなたはワクワクドキドキ、

気分が上がったり、

下がったり、

楽しいと感じたり、

悲しいと感じたり。

いわゆる人間らしい感情を

FXに持ち込んでいないだろうか?

言うまでもないが、

FXでワクワクドキドキしたり、

激しく落ち込んだりするなら、

残念だが負けるのは

時間の問題だ。

たまにまぐれで1ヶ月くらいは

トータルでプラスになることも

あるだろうが、

勝ち続けることはできない。

感情の起伏があるなら、

おそらくはルールが確立していない。

もしくは、自分のキャパシティを

超えてしまったロット数で

トレードしてしまっている、

どちらかだと思う。

初心者のうちは、ある程度は

ドキドキしたり、

楽しかったりでも

仕方ない部分はあるが、

そこは初心者であっても

平常心を

心掛けるという

意識は常に持つべきだ。

喜怒哀楽の人間らしい感情は、

FXトレーダーにとって

最も邪魔な存在なのだ。

ほとんどの人が

FXでは感情剥き出しで

やってしまっていると思う。

お金に対する執着があるのに、

執着を無くせという、

ダブルスタンダードを

受け入れることができる人は少ない。

だからこそ、FXは9割以上の人が

負けてしまうのだ。

本当に勝ちたいなら、

他の人と同じ発想や思考ではダメだ。

自分を客観的に見て、

今、自分は少数派の意見を

持っているか否か。

自分に問い続けてほしい。