FXで負けたら読むブログ

7年間負け続けた私だから書ける、トレーダーの琴線に触れるお話

FX、なんとなくでインジケーター使っていませんか?

FXにはたくさんの

種類のインジケーター

がある。

あなたは、

なんとなくボリンジャーバンドを

表示させたり、

なんとなくMACDを出したり、

無いと寂しいから

移動平均線を出したり、、、

してはいないだろうか?

もし、なんとなくで使っている

インジケーターがあるなら、

今すぐに消してほしい。

使いこなせないインジケーターは、

邪魔なだけだ。

インジケーターは、

使う理由が

明確になった時、

初めて活かされる。

インジケーターを選択する前に、

そもそも、

あなたのエントリーポイントは

決まっているだろうか?

毎回毎回狙う場所は一定か?

買い目線のチャート形状なのに、

ヤマ勘や、謎の直感で

売りも仕掛けたりは

していないだろうか?

買い目線、売り目線が

相場によって

固定化しているだろうか?

これらの質問に対して、

すべてオッケー。大丈夫。

と、なった場合に、

初めてインジケーターを使う意味が

生まれる。

少し神経質に聞こえるかもしれないが、

勝ってるトレーダーなら、

当たり前の事と思っているはずだ。

インジケーターを使う理由は、

自分が狙う場所の根拠を増やす、

エントリーへの後押し。

要は、エントリーの精度を高めるために

使うのであって、

移動平均線が

ゴールデンクロスしたから

なんでもかんでも

買うとか、売るとか、

そんなことで使う物ではないのだ。

狙っている場所が決まってないのに

ダイバージェンスもへったくれもない。

自分のルール、

エントリーポイントに

フィットする

インジケーターを選ぶ。

これが正しい

インジケーターの

選び方である。

おもしろそうなインジケーターだから、

なんか凄そうなインジケーターだから

みんなが使ってそうだから、

よし、使ってみよう!

これらは、

残念ながら完全に間違えている。