FXで負けたら読むブログ

7年間負け続けた私だから書ける、トレーダーの琴線に触れるお話

このチャート、あなたならどこでエントリーする?

あなたはどこで

エントリーして、

どこで決済する?

 

画像は3枚ある。

下にスクロールする前に、

画像を見ながら"つもり売買"

してみてほしい。 

 

f:id:gokanno:20190918063827p:plain

 

f:id:gokanno:20190918063843p:plain

 

f:id:gokanno:20190918063903p:plain

 

さて、 エントリーした場所と

決済した場所は 決まっただろうか?

中には、普段使っているインジケーターを

表示させてないから、

エントリーも 決済もできない。

と思った人もいるだろう。

または、私はドルストレートは

取り引きしないからわからない。

と思った人もいるかもしれない。

その考えは素晴らしい。

大正解と言っていい。

あなたはルールを守るということが

どういうことか

理解しているんだと思う。

欲を言わせてもらうと、

インジケーターは表示されていないが、

おそらくこのチャート形状であれば、

インジケーターはこのような形に

なっていると予測されるから、

この位置からか、

もう一本後ろのローソク足から

エントリー している可能性が高い。

と言ってくれたら

100点満点だ。

チャートを見続けると、

そのうちインジケーターの動きまで

先読みできたり、

表示しなくても形が予測できたりする。

さて、それはさておき

今日話したかったのは、

この3枚のチャートでの

エントリーポイントや決済ポイントが

全て同じような場所

仕掛けて、 同じような場所で

決済できているか否かを

知ってもらうための趣旨だ。

ご都合主義な決済

なってないか?

狙う場所がバラバラではないか?

そもそもエントリーが多すぎないか?

自分の目で客観的に

チェックしてほしい。

後になって振り返ると、

なんでこんなとこで? と

ハッとすることも多いから、

自身のエントリーと決済は

画像保存しておいたほうが良い。

日々のトレーニングに

ぜひ採用することをおススメする。