FXで負けたら読むブログ

7年間負け続けた私だから書ける、トレーダーの琴線に触れるお話

エントリーしたい。エントリーしたい。ではダメだ。

チャートを開いたら、

エントリーしたいと

思って見てはダメだ。

エントリー、

ポジションを持つ事を

前提にしてはいけない。

数年前の話だが、

とある勝ってるトレーダーさんと

会う機会があった。

彼の話の中で特に印象に

残ってる言葉がある。

 

"エントリーなんて

しない方が

いいんですよ"

 

言葉だけで解釈すると、

FXなんてやらない方がいいですよ。

と、誤解されそうな言葉だが、

もちろん彼はそんな事を

言いたかったわけではない。

ルール通りの場所がチャートを

開いてる時間にそんなに

頻繁に訪れるはずはない。

チャートを開いていて、

ノートレードだと、

待っていた時間も含めて

なんだか損をした気分になる。

そんな時にルール以外の場所で

少しくらいなら。

という誘惑に負けて、

ルールを破って

エントリーしてしまいがちだから、

エントリーなんて

できるだけしないほうがいいんだ。

と、いうことが

言いたかったんだと思う。

チャートはエントリーする事を

前提にせず、

エントリーは基本的にしない事を

前提に見るべきだ。

トレードは

回数ではない。

精度が何より重要だ。