FXで負けたら読むブログ

7年間負け続けた私だから書ける、トレーダーの琴線に触れるお話

FXはどんなに勝ててもストレスからは解放されない。

FXで

勝てるようになったら

毎月安定した利益を

出せるようになるんだと思っていた。

勝てるようになりさえすれば、

毎日が日曜日となり、

旅行に行ったり、

家族サービスしたり、

美味しいものを食べたり。と、

夢のような生活というと

大袈裟かもだが、

少なくともノーストレス、

不安ゼロ。

みたいな状態になれると思ってた。

しかし、

それは幻想だ。

そもそも、

1カ月の利益という捉え方も

自分の都合でしかないし、

何年経ってもトレードは

ノーストレスにはならない。

 

相場は常に正しい。

 

という言葉を思い出してほしい。

相場はこちらの都合など

おかまいなしだ。

大きく値が動くときもあれば、

小さな値動きしかないときもある。

自分の得意な相場もあれば

苦手な相場もあるわけだ。

全て相場次第なのに、

お給料のように毎月同じ金額の

利益で安定するというのは

容易な事ではない。

ただ、

不可能とは言わない。

なぜなら、私は毎月安定して

勝ち続けているトレーダーを

何人か知っているからだ。

その中には、毎月安定という

レベルを飛び越えて

勝ちまくる人もいる。

しかし、その勝ちまくりの人も

ノーストレスとはいかない。

取り引き金額が増えれば増えるほど

ストレスも増える。

それと、

初心者がいきなり

毎月安定した勝ちを

目指すのは目標としては、

やはり高すぎる。

以前の記事にも書いたことがあるが、

目標は、常に低めに

設定すること。

達成できない目標は、

モチベーションの低下や、

自己嫌悪の元だ。

夢のような生活を思い描いている

人には申し訳ないが、

FXは常にストレスと背中合わせだ。

勝てるようになったらなったで、

別の悩みも出てくる。

だから、自分の課題をひとつずつ

解消することに徹して、

コツコツ続ける。

何かの必勝法みたいなものを

探しているうちは、

FXでの安定収入など、

夢のまた夢だ。