FXで負けたら読むブログ

7年間負け続けた私だから書ける、トレーダーの琴線に触れるお話

FXでは、思考は現実化しない。

ポジティブ思考や

思考は現実化する、

なんとかなるさ

的な考え。

スピリチュアルな引き寄せ。

などなど、、、

日常生活においては

役に立つこともあるであろう。

しかし、現実離れした

自己啓発感覚を、

FXの世界に持ってくることは

避けた方がいいだろう。

なぜなら、

必ず負けるからだ。

もう一度言う。

必ず負ける

ことになるからだ。

日常生活においては

プラスに働く意識の高さも、

FXの中では、

百害あって一利なしだ。

良くない負けだったのに、

ドンマイとかヽ(´▽`)/

逆にツイてるとか٩( ᐛ )و

マジで反省しないと

いけない場面で

反省することなく

前向きになっても、

勝ちの目は遠のく一方だ。

FXトレーダーになるなら、

現実主義に徹することを

強くおススメする。

FXは、

自己啓発でなんとかなると

思っていた時期が

私はなぜかあった。

今から考えると

正気の沙汰ではない。

そんな自分の甘い考えを

相場の世界は粉々に

打ち砕いてくれた。

本当の意味で前向きになれたのは、

読書をしていた時ではなく、

証拠金を全部飛ばした時に

台所で悔し泣きをしてから

だったような気がする。

勘違いしてほしくないのは、

資金を飛ばさなきゃわからない、

とかではなく。

FXで勝ち残るには、

リアリストである必要がある。

目の前の事実と

向き合う必要がある

ということだ。

戦場で読書をしながら、

ツイてるツイてると呟いても、

蜂の巣になるだけなのだ。