FXで負けたら読むブログ

7年間負け続けた私だから書ける、トレーダーの琴線に触れるお話

職場で実践。FXで勝つための思考法。

f:id:gokanno:20190428005851p:plain

FXで勝つために必要なこと

FXで勝つために必要なのは

 

3つのM。

 

メソッド(手法)

 

マネー(お金)

 

マインド(気持ち)

 

誰が考えたか知りませんけど

 

うまいこと言うなと思います。

 

実際にこの3つが揃って

 

初めて勝ち組トレーダーの

 

仲間入りができるんだろうなと

 

僕も思います。

 

しかし、初心者時代はメソッドの部分。

 

手法と言われる部分を

 

必要以上に重要視してしまう

 

傾向があると、

 

僕は身をもって体験してきました。(;'∀')

 

最初は手法に夢をみますよね?

 

これは半ば

あきらめないといけません。笑

 

どうすれば勝てるようになるのか?

 

を考えたときに1番の目立つのが

 

手法だったりしますし、

 

巷で売られている教材も

 

手法に関する教材が圧倒的に多いです。

 

それだけ需要があるってことなんです。

 

この『手法』を含めた3つのMも

 

もちろん大事なんですけど

 

その前に考えなければいけない事

 

というのが存在します。

 

f:id:gokanno:20190428005921p:plain


 

バイト時代の後悔

 

 話は少し変わりますが、

 

僕を含めて皆さんも普段お仕事を

 

されてると思います。

 

僕は25歳まで定職にもつかない

 

フリーターでした。

 

なので、たくさんの種類の

 

アルバイトをやらせてもらいました。

 

ビデオ屋の店員、

 

ハンコの問屋さん、

 

ディスコの店員。

 

夜の水商売。

 

そういった中でもちろん

 

ラーメン屋さん。その他飲食店。

 

自慢じゃないですが、

 

完全ニートも半年やった経験あります。

 

けっこう生活がすさみます。

 

さすがに半年もやると笑

 

まぁ

そのような様々な職場の中で

 

感じたこと。

 

f:id:gokanno:20190428005944p:plain

 

今振り返れば、

 

こうしとけばよかったな。

 

ああしとけばよかった。

 

と思うことがあります。

 

シンプルに言ってしまうと、

 

上司や先輩に

もっと気に入られるような

立ち振る舞いを

すればよかった。

 

と思うわけです。

 

僕は当時、すごく人見知りで。

 

って、今でも十分人見知りなんですがw

 

当時はもっとすごくて、

 

とにかく人当りが悪い。

 

特に先輩だとか上司とかに

 

媚びへつらうことが苦手、

 

変にプライドが高いのか。

 

単純に傷つきたくないのか。

 

上の人達とうまくやれなかったです。

 

まぁ、

 

媚びへつらうまで行かなくても笑

 

よいしょをしたり、

 

愛想笑いの一つでも

 

できればいいんですが

 

やっぱ苦手なわけですよ。

 

そういう類のこと全般。

 

特にその上司が偉そうだったりすると

 

なおさら反発したくなるというか

 

僕も若かったというか( *´艸`)

 

でもね、

 

今ならそういった上司とか先輩とも

 

うまくやれるんじゃないかな?


なんて思うんです。

 

f:id:gokanno:20190428010035p:plain



バイト時代に痛感した現実

 

僕が色々なバイト先で

 

経験した現実なんですが、

 

仕事や作業ができるとか。

 

一生懸命やるとか。

 

真面目にやるとかは、

 

ほとんどの場合

 

上司や先輩からの

 

評価には直接直結しない

 

ことが多いです。

 

ほぼ仕事さぼってる人でも

 

いい加減な作業してる人でも

 

先輩や上司に気に入られてたら

 

可愛がってもらえたり

 

それこそ仕事が出来るやつくらいの勢いで

 

重宝されてたりするわけです。

 

なんて理不尽なんだ

 

若かりし頃の僕は憤慨していたんですけど

 

これこそが僕の

 

最大の間違い

 

そこで理不尽だとか

 

間違ってるだとか言ってても

 

状況や自分の立場は

 

何も変わらないわけですよ。

 

何も改善されない。

 

そういう思考ではダメで、

 

そういうものだと

 

まずは受け入れて

 

自分もその上司や先輩に

 

気に入られる対策なり

 

対応なりをしなければ

 

いけなかったわけです。

 

この対応、

対策、適応。

 

処世術。

 

いわゆる適応力。

 

これらをFXにおいても

 

いの一番で考えるべき。

 

と、僕は強く思うんです。


相場、FXで勝つためには

 

どうすればいいのか?

 

どうすれば利益が残るゲームなのか?

 

プラスになるためには

何をすればいいのか?

 

何をしない方がいいのか?

 

3つのMが云々言う前に

 

FXで求められる適応力とは?

 

を考えることが賢明なんです。


どうすれば上司に

 

気に入ってもらえる?

 

どうすれば職場での

自分の立場が良くなる?

 

を、職場では考える。

 

早く仕事を覚えなきゃ。

 

毎日遅刻しないように

 

まじめにがんばろう。

 

残業もがんばろう。

 

こういう気持ちは大事かもですが、

 

いくらまじめに頑張っても、

 

先輩や上司に嫌われたり、

 

扱いづらいと思われていたら、

 

アウト。

即アウトですよね?

 

そんなん間違ってる!!


って気持ちになりますけど、

 

そういうシステム、
ルールなんだからしょうがない笑

 

ひたすらまじめに働いて

 

先輩や上司に無愛想より、

 

仕事や作業はほどほどに、

 

先輩や上司に可愛がってもらえる

 

方策を考えてる人間の方が

 

出世はしやすいです。

 

ですよね?

 

まじめだけが取り柄の不遇な人を

 

嫌ってほど僕も見てきてます。

 

FXも、真面目に頑張るだけでは

 

やっぱ勝ち続けるのは難しい。

 

と思っています。

 

もし頑張るだけでいいなら、


日本中、誰でも億万長者です。


日本人は勤勉なんですから。


だから、考えることが大事。

 

人が考えないようなこと、

 

人とは違う発想、

 

一般的な常識とは逆を突くような発想。

 

そんな能力が

FXトレーダーには求められている。

 

そう思います。

 

今日は
少し抽象的な話になりましたが、

 

抽象的な話の中にこそ

 

勝つ為のヒントがあると思います。

 

まとめ

 

少数派の思考回路を

持つことで

優位性が生まれる。
その小さい優位性の

積み重ねの先に

勝ちが見えてくる。

(≧∀≦)

 

ちなみに、
僕のラーメン屋は、
真面目にコツコツ働いてくれる人を

必要以上に評価してしまいます笑

 

トレーダーは孤独です。

一人でも多くの

気持ちのやり場のないトレーダーさんに

読んでいただきたいと思っていますので

もし良かったらでいいので、

シェアやいいねとか
読書登録していただけたりとか、
ブログ村の
リンクをポチとか!(笑)
何かリアクションをいただけると

僕はとっても嬉しいです。(●´ω`●)

にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村