FXで負けたら読むブログ

7年間負け続けた私だから書ける、トレーダーの琴線に触れるお話

こんなFXのアドバイスは聞かなくてよい。

4、5年前の話だ。 とあるビジネスセミナーで 知り合った男性がいた。 仮にKさんとする。 Kさんはスマホを使った 新しい集客術という、 明らかに怪しい情報商品を 売る仕事をしていた。 実際、喫煙所で 私にも売り込みをしてきた。 (当時は私も喫煙者だった) …

積極的に本能に逆らうことで、FXは勝てるようになる。

FXで勝てるようになる。 それ、すなわち 本能に逆らう。 ということである。 損は確定したくないが 損切りは躊躇しない。 利益は1秒でも早く確定したいが、 堪えて待つ。 勝って喜びたいが、 平常心を心がける。 負けて落ち込みたいが、 平然とする。 最初は…

FXはギャンブルか?

FXはギャンブル でしょ? FXをよく知らない人から ちょくちょく言われる言葉だ。 頻度としたら、 プロレスは八百長でしょ? くらいに言われる。 私も最初の頃はなぜか反発して FXはギャンブルではない! と声を大にして言っていた。 しかし、今の自分は どう…

勝つことよりも負けないこと。

重要なのは、 勝つことよりも 負けのパターンを ひとつひとつ消していくことだ。 ここでいう負けとは、 一回一回のトレードの勝敗ではない。 大きく証拠金が無くなる。 または、証拠金が全て無くなるほどの 想定外の損失などを 当ブログでは、負けの定義とす…

今日のFX格言。その25

ポジションを持ったあと、 あれ? おかしいな。 なんで? どうしよう。 と思ったら、 潔く、決済すること。 まだはもうなり。 もうはまだなり。 これもまた、 相場の真理である。

今日のFX格言。その24

理性は欲望に 勝てない。 本屋に行くと、いつも新しい ダイエット本が売っている。 FXに負けず劣らず、 ダイエット市場も 聖杯を求めている人が多いのだろう。 おそらくダイエットが成功し、 リバウンドをすることなく 体型を維持できるのは、 少数派なのだ…

今日のFX格言。その23

神は細部に宿る という言葉がある。 元々、ドイツの建築家が 使っていた言葉のようだが、 私の大好きな言葉の1つだ。 細かい部分にこだわってこそ、 作品のクオリティ、 本質的に優れたものが完成するから 細部にまで徹底的にこだわれ。 という意味だ。 こ…

今日のFX格言。その22

やっぱり、 テクニカルだけでは不十分か? そうだ! ファンダメンタルも 取り入れよう! 日本経済新聞、 ニューズウィークも購読しよか? 少し割安になるから、 半年契約にしようかな? 。。。 。。。 やめておけ。 時間の無駄だ。 ファンダメンタルが 無意…

今日のFX格言。その21

勝てるようになる。 イコール 稼げるようになる ではない。 給料が20万、30万なのに いきなり月に 1000万円を扱うことは難しい。 というか、無理な話だ。 人それぞれ、 お金のキャパシティがある。 1万円の損切りがキツい人もいれば、 100万円の損切りが平…

今日のFX格言。その20

勝ててないなら、 通貨ペアは1つだけ。 時間足も5分なら5分だけ。 1時間足なら1時間足だけを見る。 慣れてきたら、 複数の時間足を見る。 複数の通貨ペアを見る。 焦らずステップアップ すればいいだけの話だ。 いきなり総合的に 上手くなろうとしないこと…

今日のFX格言。その19

損切りは早めに。 資金管理が一番大事。 トレンドには 逆らわない。 レジサポを意識する。 など、 あなたもどこかで聞いたり 読んだりしたこともあると思う。 みんなが言ってることは正しい、 あのすごいトレーダーが 言ってるんだから 間違いない。と、 こ…

今日のFX格言。その18

練習するときに気をつけることは、 エントリーなら エントリー。 エントリーでもさらに細分化して ロングならロング。ショートならショート。 狙う場所も限定して、 ダブルトップなら ダブルトップだけ。 あれこれやらずに、 一つのことに 集中することが大…

今日のFX格言。その17

損切りできなくて 大負けしたけど、 授業料と思おう。 高額セミナーに行ったけど 成果は出なかった。。。 でも、、 トレード仲間が できたから 良かった! 結局、今月も負けたけど いい経験ができた。 というような、 自分自身への ごまかしや嘘。 これでは…

今日のFX格言。その16

FXで 月に100万円稼ぐ。 なぜか初心者の多くが 目標にしている数字だ。 目標は高く設定する方が良いと思っている人も多いと思うが、実は、目標設定は 低めにするのが 基本である。 簡単に達成できる 目標設定を強くおススメする。 そもそも、平日のランチの…

今日のFX格言。その15

例えば、 自分がエントリーしたい場所。 エントリーポイントが決まっていないのに、押し目買いや戻り売りの練習をしてもほとんど意味がない。 自分が狙っている場所、形が決まって、初めて練習が可能となる。自分のパターンを見つける。ここがまずはスタート…